2011年03月25日

肩こり 薬

「肩こり」の薬です。

 


「肩こり 薬」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.甲状腺機能低下症と躁鬱病と高血圧の治療を受けています。元々の体重は48キロでしたが、出産を3回して、57キロから50キロ・・・その後、11年間躁鬱病の投薬しつつで55キロでずっといました。5年ほど前に急に64キロになり、その頃から、高血圧と甲状腺機能低下症の治療を受け始めました。体重はそのまま64キロでしたが、今年に入って肩こりも酷くなり・・・肩こりの薬を頂いて、1ヶ月で74キロになり、高いながらも安定していた血圧が180/120位になってしまいました。介護の仕事をしています。正直、この体ではしんどいです。耳ツボダイエットやエステでは、甲状腺疾患だと効果ないと断られました。もう太るのは仕方ないのかなぁと思いますが、LLサイズもきつくなったり、血圧も痩せると下がると言われたり・・・。おしゃれもしたいし、痩せたいです。医者に相談すると、ダイエットや運動を勧められますし、また年齢と共に代謝が悪くなるので痩せないとの答えです。しかも、ダイエットすると、低栄養になり反って太るとか・・・。もう、どうしたら良いのか分かりません。どうすれば、いいのですか?助けて下さい。それから、肩こりの薬って太るのですか?宜しくお願いします。(抗うつ剤のドグマチールで一時64キロになりましたが、止めると55キロに戻りました。)
A.別々の病院で治療しているのでしょうか?クッシングかもしれないので内分泌内科で診てもらってはどうでしょう?頭部MRIと腹部CTで下垂体・副腎に腫瘍がないかまずみます。もしあったら・・クッシングか褐色細胞腫・原発性アルドステロンかもしれません。東京だと慶応大学病院・東京女子医大・虎の門病院に内分泌内科があります。http://square.umin.ac.jp/endocrine/tebiki/001/001003.pdf血圧の下が120は入院対象になりますよとても心配ですね。。私も急に体重が増えたり、血圧が段々とあがって薬が効かなくなったり、心療内科かよったりしてました。たまたま詳しい先生が気がついてくれて、レニン活性やアルドステロンの血液検査をしてくれ、数値が高く腹部ctで副腎腫瘍が見つかりました。来月検査入院します。同じような感じだったので私と同じ症状かと。。先生に投げかけてみてください
Q.春から高3になります。昔から授業は集中して聞くようにしているせいか授業後によく頭痛に襲われます。日常的に勉強をしていても頭痛に襲われることもあります。頭痛の他に肩こりや首筋が痛くなることも多々あります。私みたいな症状の場合、頭痛薬を飲んでも治りますか?またなんか良い方法があったら教えて下さい。
A.眼の神経の疲れから、肩が凝ったり首筋が痛くなったりすることもあるそうです。長時間の緊張した状態で痛めることもあるので、リラックスできるようにお風呂やアロマキャンドル、クラッシックなど聴きながら落ち着きましょう。あとパソコンや携帯、ゲームなどの画面を長時間みるのは眼の神経にかなりの負担がかかるので、少しの間は控えましょう。
Q.現在27歳女性です。10年程前からですが、頭が重い、ひどいと息が苦しくなる、めまい、寝転んでいないとしんどい、睡眠時間は十分にとっているのにやたらあくびが出る、ひどいとしんどくてなかなか寝れないほど、という症状が1、2週間続き、気付いたら治っています。色々病院にも行きましたが、偏頭痛と言われるだけで、薬を飲んでも効きません。寝ているのに、ちゃんと眠れていないのかと思い、睡眠導入剤を飲んでみたところ、次の日大分楽になっていることが最近は多いです。しかし、最近気付いたのが、普段肩こりは感じないんですが、この症状が出る前に、やたらと肩が痛くなることがあります。また、首の後ろ辺りが、血が詰まっているのかわかりませんが、なんだか詰まっているような感じがします。そして、首の後ろなどをマッサージされた後には、頭が重いようなしんどいような症状が出ます。 首と肩に問題があるんでしょうか? 原因もわからないし、症状を抑える方法もわからず本当に辛いです。今もまたその症状が発生して辛いです。
A.分かる範囲でお答え致します。首が細い(または長い)ことはありませんか?女性で頭が重いのは、首・肩周りの筋肉が脆弱なことが多いです。頭は頸椎と筋肉の両方で支持しています。しかし、筋肉が脆弱な場合は頸椎への負担が大きくなります。そして、筋肉は脆弱なためにこりやすくなります。これだけが原因ではありませんが、心労・過労が加わると症状が頭が重く、肩・首がこります。そして、ときにはめまい感(浮遊感)が起こります。また、首のマッサージの後に頭が重い、しんどくなることからも首の筋肉が弱い(マッサージの刺激が強い)と思われます。頭痛は、何時しか始まりダラダラと続く場合には筋収縮性、突然に発症する動けない(動きたくない)強い痛みは偏頭痛です。尚、筋収縮性から偏頭痛へ移行することがあり、生あくびの頻発が偏頭痛の予兆のなることがあります。また、CT、MRIは脳病変を診る検査ですので、筋収縮性や偏頭痛で異常が認められることはありません。頭痛、肩こりの記載が下記にありますので参考になさって下さい。頭痛:http://www.eonet.ne.jp/~k-shinkyuu/topics3.html肩こり:http://www.eonet.ne.jp/~k-shinkyuu/topics2.htmlそれでは、お大事になさって下さい。


[関連タグ]

 肩こり 薬
 眼精疲労 肩こり 薬
 頭痛 肩こり 薬
posted by 肩こり解消グッズ at 01:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。